青森市 桜川歯科医院 医科・歯科が連携しないと治せない病気の治療に取り組んでいます!

医療法人 愛和会 桜川歯科医院 掌蹠膿疱症と歯科治療 睡眠時無呼吸症候群と歯科治療

お知らせ

今までとは全く違う「新発想」の最先端治療

今までに掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)・アロポー稽留性肢端皮膚炎(けいりゅうせいしたんひふえん)などと診断されて何度も治療した経験はありませんか? 症状の改善は得られましたか?

当院は、岩手医科大学部皮膚科学教室と共同研究を開始し、今までとは全く違う新発想掌蹠膿疱症・アロポー稽留性肢端皮膚炎の最先端治療を開発いたしました。

まずは、治療例をご覧ください。

アロポー稽留性肢端皮膚炎(掌蹠膿疱症) 男性(62歳)
治療開始時(2011.5.9)   術後4ヵ月(2011.9.13)

 

いかがでしょう。劇的に症状が改善されていると思いませんか?
しかも、多くの患者さんが再発していません。

全国でも類を見ない桜川歯科医院独自の治療法を、掌蹠膿疱症・アロポー稽留性肢端皮膚炎でお悩みの方に、体験して頂きたいと思います。

→ 詳しくはこちらをご覧ください!

 

睡眠時無呼吸症候群を歯医者で治す!?

よく眠ったのに疲れが取れない・・・

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に呼吸が止まることで、よく眠れない、眠っても休んだ気がしないなどの症状が現れる、不眠症の一種です。

生活に悪影響を及ぼすのはもちろんの事、重症化すると命に影響を与えかねない病気です。

当院では身体への負担が少ないスリープスプリントによる治療を行なっております。

なぜ、歯医者睡眠時無呼吸症候群が治療できるのか疑問に思われませんか?

→ 詳しくはこちらをご覧ください!

メールフォームにてお問合せ

017-743-6881